メインページへ 

あなたの知らぬ間に…… 閲覧野放し? 住民基本台帳

金沢市では5万人以上の個人情報が「流出」!


05年2月23日、「情報公開クリアリングハウス」(東京)が全国の市民・団体によびかけて調査をおこない、住民基本台帳大量閲覧の実態調査結果を発表しました。

■全国調査結果(悪徳業者もセッセと閲覧、書き写し)
■読売新聞が夕刊で大きく報道(05年2月23日)
■朝日新聞も関連情報掲載
■総務省への質問、回答
■総務省と交渉内容(pdfファイル
■総務省の通達に照らしても問題あり!(pdfファイル)
  総務省自治行政局市町村課長「個人情報の保護に関する法律の全面施行に伴う
  住民基本台帳事務の取扱いに係る留意事項について」(平成17年2月24日 総行市第192号)


金沢市の実態は…ビックリ! 2003年度分が判明
  手数料が「一時間1500円」から「一人分200円」に値上げされたのですが、大量の閲覧。
  書き写された人数=
   ・有料:   4万0319人(大手企業やDM業者が請求。中には怪しいのもある)
   ・公用(無料): 9938人   
  → 合計なんと、5万0257人
  単純計算で市民の11%以上のデータが外部流出しています。
  市の手数料収入は 806万3800円…! 市民のデータを売って儲けている???
  公用のうち 多いのは 自衛隊が4493人、県が4334人(税務課が多い)。
  
◆必見! 詳しい内容、解説は、こちらへ】

  
金沢市に「個人情報保護の条例」があるにもかかわらず野放しになっている!
  【◆参考:金沢市情報公開及び個人情報保護に関する条例】



 ◆住基ネット・希望選択制を求める金沢市民の会(メールはこちらへ)